moonとセシルカラコンは似てるわけではない

moonの1年とワンデーのカラコンシリーズ

韓国カラコンならセシルを推してるんですが、moonも時々見かけます。ブロガーとかが紹介してるのはやっぱりセシルが多いかなとは思うけどね。
moonもシリーズは多いけど、それぞれが非常に分かりやすい展開ではないでしょうか。
一つずつ簡単に紹介しておきます。

    • バースデー

14.5mmの高発色ハーフ系カラコン。moonを代表するシリーズではないでしょうか。

    • ルナティア

4トーン高発色ハーフ系カラコン。こちらも14.5mmです。

    • ブリリアント

ちゅるんとした瞳に14.5mmです。

    • ミーティア

これは他のシリーズとは全く異なり、このミーティアシリーズの中にさらに40種類ほどのデザインがあり、小さいのから大きいのまでが揃ってます。

    • ラブリーゴシック

愛らしいお人形さんみたいなガーリー系が好きならこれかな。

    • ジェミニ

小さい14.0mmのナチュラルハーフ系です。

    • マーメイド

14.0mmの3トーングラデは珍しいですね。

    • グリッター

インパクトのある14.5mm。

    • バタフライ

ナチュラル発色が好きな人向けかな。

    • フェザームーン

独特のフラワーデザインが好き嫌いが分かれるところかな。

    • シェルラ

今のところmoonのワンデーはこれだけです。

今のところはこういう感じでして、レンズ直径や着色直径については、レンズを潰さない状態での記載になっています。
他の韓国カラコンで潰した状態での数値の記載のサイトと比較する場合は気をつけましょう。
そして、韓国カラコンの多くはサンドイッチ製法ですが、こちらは、キャストモールド製法がメインですね。全部かどうかは見てませんが、見てる限りはキャストモールド製法のようです。
そしてmoonのカラコンは全部、韓国のDUEBAで製造されてるんですって。この辺りの安心感は大きいかなと思います。
そこで製造されているのがどれほど安心か、高品質かというのはホームページにも記載がありましたが、専門的なことはよく分かりませんが、とにかくどこで製造されているかを書いているのは好感を持てます。本当はどこのカラコンでも全て製造工場くらいは書いていて欲しいと思うのが本音です。
恐らくですが、今後、韓国カラコンであろうと、日本で販売されている他の国で製造されているカラコンであろうと、どこの工場で製造されているか記載されることが増えるのではないかと思います。あくまで願望ですけど、そうなって欲しいなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加