安いかどうかより自分の目の安全性を考えるとカラコンの決めては何?

カラコンは黒目を大きく見せたり、元々の色と違った色に見せたりでき、オシャレには欠かせない必須アイテムになりつつあります。雑誌などのモデルが装着している広告などもたくさん出ていて、インターネットで簡単に購入することができますが、注意して使用しないと危険を及ぼす恐れのあるアイテムです。
まず、コンタクトレンズという物は基本的に購入する際、眼科の処方箋が必要です。眼科に行き、定期的に検診をする必要があります。
カラコンは透明のコンタクトと違い着色しているので、比較的酸素や水分を通しにくいと言われています。酸素や水分が失われると目が赤くなったり、痛みやかゆみが出てきたりと様々なトラブルが引き起こされ、とても危険な状態になってしまいます。装着時間が長いと目に負担がかかるとも言われています。
視力の良い人がコンタクトを装着すると視力が落ちたりすることもあります。使用回数も1DAYや2Weekいろいろありますが、正しい日数で使用しないとトラブルの原因になります。目の異常が見られる場合はすぐに使用を中止し、眼科へ来院してください。オシャレを楽しむ為にも注意書きや説明書をよく読んで正しく使用することが大切です。

結果的に安い買物ではなくなるカラコンの怖さ

目のトラブルが起きて眼科に通う日が続いたりすると、もう出費がどうこうではなく、冷や汗ものでしょう。

ものにはおおよその相場がありますが、韓国カラコンは本当にその相場がよく分かりません。同じようなカラコンなのに10倍以上の差が出てることもあるくらいです。
安いので500円くらい、高いのでその20倍くらいのもありますよ。
執拗ですけど、大事なので、何度も書きますが、結局自分の手入れや眼科にいく頻度など、自分でできることをきちんとするかのほうが重要だと思われます。
そうしないと、どんなカラコンを選んでも結局は自分の目に大きなトラブルが起きる可能性があるということですね。
手入れが嫌いならセシルにあるようなワンデーにするでもいいでしょうね。
セシルなんてしゅわしゅわもそうだけど、デザインも可愛いし、ワンデーもあるし1年のもあるしというパターンが結構ありますよ。

あとはジーニーのワンデーもいいですし、ついつい私はワンデー好きなのでそっちに話が逸れてしまいますが、まあブログなんでいいでしょう。
15mmワンデーのミシェルもあるし、もっと小さいワンデーもありますよ。ジーニー、セシルでワンデーを考えて、長期使用なら「みんカラ」「Glam」あたりもいいかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加